ロータリーについて

ロータリークラブとは?

職業も国も文化も異なる120万人が結びついたロータリーだからこそ、世界中の地域社会を少しずつ変えることができるのです。

ロータリーは、世界中の事業および専門職務のリーダーからなる世界規模の組織で、人道的奉仕活動を行い、職業における高い道徳基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くための助力をしています。およそ120万人のロータリアンが、166カ国に所在する31,000以上のロータリー・クラブに所属しています。ロータリーは非政治的、非宗教的な人道的組織で、1905年に創立されました。

ロータリー・ クラブの会員は、地域社会の事業や専門職務に従事する男女を代表しています。世界中のロータリー・クラブは毎週例会を開き、非政治的かつ非宗教的で、あらゆる文化、人種、信条に開かれています。

国際ロータリーのロータリー財団は、国際的な人道的奉仕プログラムや教育的・文化的交流を通じて、世界の理解を推進する非営利法人です。この財団はロータリアンおよびより良い世界のビジョンを分かち合うその他の人々からの自発的寄付によってのみ支えられています。1947年以来、財団は人道的および教育的補助金として米貨11億ドル以上を授与し、これらの補助金は各地の地元ロータリー・クラブや地区によって生かされ、管理されてきました。

ロータリークラブは何をするのか?

ロータリーの標語である「超我の奉仕」は、地域社会や職場、および世界中を通じてロータリーの目的を反映しています。ロータリーは、今日の緊急問題に取り組む社会奉仕プロジェクトを開発しています。また、青少年のためのプログラム、学生や教員、他の社会人のための教育機会や国際交流のプログラム、職業開発プログラムなども支援しています。ここにロータリーの中心的活動分野をいくつかご紹介しましょう。

ポリオ撲滅 1985年、ロータリーの会員はポリオのない世界を実現することを誓いました。ポリオ撲滅に対する20年にわたる取り組みは、現在までで最大規模の民間部門支援による世界的保健推進活動となっています。20億人近い世界中の子供たちに予防接種を与えるため、ロータリーは既に米貨5億ドルを寄付し、無数のボランティア活動を提供してきました。
今日、世界には数百人のポリオ患者しかおらず、年間35万人以上の子供がポリオによって身体麻痺に冒されていた1988年と比べ99.8パーセント減少しました。
国際教育 ロータリーは、国際奨学金の民間の資金源としては世界最大です。毎年千人近い大学生が、他国に留学するためにロータリーの奨学金を受領しています。また、各地のロータリー・クラブは高校生の交換プログラムも行っており、毎年8千人近い高校生が3カ月から1年の外国留学に派遣されています。
平和の推進 明日の平和維持活動家や外交官を育てる活動の一環として、ロータリーは最近、世界7つの有名大学に「平和および紛争解決の分野における国際研究のためのロータリー・センター」を創設しました。このプログラムは、毎年、世界競争制の下で選考される70名のロータリー世界平和奨学生に、紛争解決の分野における修士課程教育の機会を与えるものです。
識字率向上 ロータリー・クラブは、世界中で非識字に対する闘いに取り組んでいます。その一例として、タイのロータリー識字率向上プログラムがあります。このプログラムによって学校で退学者が激減し、その結果、タイ政府によってタイ国内のすべての学校でこのプログラムが採用されました。

イマジン ロータリー

2021-2022年度
国際ロータリー 会長

ジェニファー E. ジョーンズ
(カナダ、オンタリオ州 Windsor-Roseland ロータリークラブ)

ウィンザーにある Media Street Productions Inc.の創業者兼社長。ウィンザー大学の理事長、 ウィンザー・エセックス地域商工会議所の会頭を務めたほか、その奉仕活動が称えられ、 YMCA Peace Medallion、Queen’s Diamond Jubilee Medal を受勲し、カナダ人初のウェイ ン州立大学 Pecemaker of the Year Award を受賞しました。また、法学の博士号(LL.D.) を有しています。

女性初の会長に選出されるにあたり、ジョーンズ氏はロータリーの「多様性、公平さ、イン クルージョン(DEI)に関する声明」の重要性を理解しています。「多様性、公平さ、イン クルージョンを最優先し、女性会員や 40 歳未満の会員を増やすには、まずリーダー陣がこ れを実践し、そのメンバー構成に反映させていく必要があります」とジョーンズ氏。「どちらの目標でも2桁の成長を目指し、決してロータリーファミリー全体を見失わないようにします」

ジョーンズ氏は 1997 年にロータリーに入会し、RI 副会長、理事、研修リーダー、委員会委 員長、モデレーター、地区ガバナーを歴任しました。また、ロータリー強化諮問グループ委 員長を務め、ロータリーのブランド活性化の取り組みでリーダー的役割を担いました。現在 は、ポリオ根絶活動のために 1 億 5000 万ドルのファンドレイジングを目指す、「End Polio Now:歴史をつくるカウントダウンキャンペーン委員会」の共同委員長を務めています。 2020 年には、新型コロナウイルス対応のためのファンドレイジングを目的としたテレソン (#ロータリーによる対応)を先導。このイベントは 65,000 人以上が視聴しました。

ジョーンズ氏は超我の奉仕賞、ロータリー財団功労表彰状を受賞しているほか、夫のニッ ク・クラヤシッチさんと共に、アーチ・クランフ・ソサエティ、ポール・ハリス・ソサエテ ィ、ロータリー財団遺贈友の会の会員となっています。

 

2022-2023年度 国際ロータリー 会長

ジェニファー E. ジョーンズ

 

 


2022-2023年度 ガバナー


2022-2023年度
国際ロータリー 第2780地区 ガバナー

佐藤 祐一郎
(津久井中央RC)

活動方針「Imagine Rotary」

イメージしましょう!ポリオの無い世界、みんなが安全な水を 使える世界、疾病の無い世界、全ての子供が読むことのできる世界、やさしさ、希 望、愛、平和を想像しましょう! ひとり一人、あらゆる全ての会員が役割を持ち、楽 しんで積極的に参加できるクラブの結集でこそ実現に近づきます。ロータリーはクラ ブが原点です。そしてひとり一人の会員が大切です。もっと学び、それぞれの能力を 活かし、クラブの力を合わせてイメージした世界の実現を目指しましょう。

取り戻そう!

COVID-19 による 2 年間あるいは 117 年のロータリーの歴史の中で会員として、あるいはクラブとして、失ったり、忘れたり、希薄になってしまったものがあるとすれば、変革と 共に、もう一度取り戻すべきものを確認し、取り戻しましょう!

・会員数(仲間を増やそう!DEI は変化への適応力を高め、活動範囲を拡げます)
・親睦活動(仲間を作ろう!クラブ・クラブを越えて )
・奉仕活動(仲間と行動しよう!地域・世界 )
・寄付(ポリオ根絶/$40・R 財団/$200・米山/2 万円)
・地域やグループでの学びと懇親の集会(IM)
・地域の青少年とのふれあいと育成(RYLA)
・学ぶ機会と充実した例会(新会員のサポート・卓話の充実)
・ロータリーの誇り

記憶に残る年にしよう!

ロータリーの基本はクラブ、さらに言うなら会員ひとり一人です。団体としての協調性、その目的やモラルに反しない限り、クラブの自主性や自律性は守られ(autonomy)最重視 されています。だからこそクラブはロータリーの目的に向かって、独自性を発揮し、特徴 ある生き生きとしたクラブになるべきです。そのための努力が必要です。ひとり一人の行 動と精神性こそ誇るべきではないでしょうか。ジェニファー会長エレクトはとても印象的 なテーマを掲げました。クラブで考え、今まで成し遂げていないようなことに向けて行動 し、新しい歴史を作り、クラブにとって印象的で記憶に残る年度にしましょう。どんなこ とでも構いません。クラブで考え、ひとつ今までにない記憶に残る成果をあげましょう。

・親睦活動 増強 奉仕活動 寄付 学ぶ機会 規定審議会や決議審議会への提案
・戦略計画や長期計画の作成 公共イメージ向上 姉妹クラブ ロータリー賞

「知之者、不如好之者、好之者、不如楽之者」 学んで知り、好んで、楽しみましょう。

2022-2023年度 国際ロータリー 第2780地区 ガバナー

佐藤 祐一郎

 


2022-2023年度 相模原ニューシティロータリークラブ 会長

2022-2023年度
国際ロータリー 第2780地区
相模原ニューシティロータリークラブ 会長

高城 秀之

「会長基本方針」
相模原ニューシティロータリークラブは前年度創立5周年という節目を迎える事が出来ました が、依然としてコロナウィルスの影響で本来の例会や事業を行えない現状があります。この様な状況下の中、オンライン例会やハイブリッド例会など即座に対応し極力例会を開催できる様にして参りました。本年度も変異株が出てくると想定されていますが創意工夫し例会開催に努めていきたいと思います。年間を通して、様々な例会や事業を行っておりますが、全ての根幹にあるのは会員増強にあります。現状維持は衰退への第一歩であると言われています。とは言え、コロナ禍の状況で厳しいのは百も承知ではありますが言い続けなければ何れ衰退するでしょう。本年度の国際ロータリーテーマは「イマジンロータリー」です。今一度、皆さんで想像してみましょう。会員が減少して行いたい事業が出来なくなってしまった姿を・・・。ロータリークラブにしか出来ない事を・・・。相模原ニューシティロータリークラブだからこそ出来ることを・・・。一年間、感謝の気持ちを忘れずに務めさせて頂きます。

「スローガン」
「ありがとう」
*ありがとうという言葉は誰も傷つけない
*やってもらって当然ではなく、やってくれてありがとう。
*言う側も言われた側も優しく穏やかな気持ちになれる魔法の言葉

「活動計画と目標」
1. 会員増強5名を目指すと同時にフォロー体制を拡充する
2. ウェブメイクを浸透させ、委員会出席率の80%を目指す
3. 100%例会の実施(12月第一例会 通常総会)
4. 会員が出席したいと思う親睦会の開催
5. 新成人を祝う会への積極的な取り組み
6. ガバナー輩出グループとして地区事業への積極的な参加
7. ロータリー財団・米山記念奨学会への寄付を推奨する
8. 米山奨学生への支援・交流
9. RIロータリー賞への積極的な取り組み
10. 公共イメージアップの向上
11. クラブ長期計画の検証 出向者報告を企画実施

2022-2023年度 国際ロータリー 第2780地区

相模原ニューシティロータリークラブ 会長

高城 秀之

 

クラブ概要

〒252-0239
神奈川県相模原市中央区中央3−12−3
相模原商工会館内
TEL:042-704-9601
FAX:042-704-9670
sagamiharanewcity@gmail.com
RI認証 2017年1月25日
認証状伝達式 2017年5月14日
初例会日  2017年2月2日
チャーターメンバー 41名
スポンサークラブ 相模原ロータリークラブ
ガバナー 佐藤 祐一郎
例会日 第一・第三木曜日 19:00〜20:00(祝日の場合は変動有)
例会場 相模原法人会館(
〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6-13-16

組織図

会長 高城 秀之
直前会長 安西 登
会長エレクト 小峰 望
副会長 岡田 耕次郎
幹事 石口 美子
副幹事 林 大介
会計 加藤 礼美
会場監督
(S.A.A)
古谷 淳史
クラブ管理運営委員会委員長 小峰 望
会員増強維持委員会委員長 池田 国広
奉仕プロジェクト委員会委員長 柴田 卓
公共イメージ委員会委員長 林 大介
ロータリー財団委員会委員長 黒澤 恒一
米山奨学金委員会委員長 金井 浩一
会員親睦委員会委員長 菊永 雅
戦略計画・研修委員会委員長 長谷川 明
会計監査人 江﨑 智彦

委員会構成

会計
会計 加藤 礼美
会場監督(S.A.A)
監督 古谷 淳史
副監督 江﨑 智彦
副監督 松田 桂吾
クラブ管理運営委員会
委員長 小峰 望
副委員長 林 大介
委員 石井 光暢
委員 桑島 克也
委員 柴田 輝隆

 

会員増強維持委員会
委員長 池田 国広
副委員長 山田 博
委員 河内 一泰
委員 村野 健二
アドバイザー 山中 仁
奉仕プロジェクト委員会
委員長 柴田 卓
副委員長 萩原 真澄
委員 佐嘉田 英樹
委員 佐藤 匠
委員 中山 和代
公共イメージ委員会
委員長 林 大介
副委員長 丸山 和加恵
委員 尾崎 勲
ロータリー財団委員会
委員長 黒澤 恒一
副委員長 澤村 太陽
アドバイザー 鈴木 高広
会員親睦委員会
委員長 菊永 雅
副委員長 山本 武仁
委員 井谷 成
アドバイザー 山口 章
戦略計画・研修委員会
委員長 長谷川 明
副委員長 若井 靖司
委員 小俣 俊一
アドバイザー 大隈 秀仁