ロータリーについて

ロータリークラブとは?

職業も国も文化も異なる120万人が結びついたロータリーだからこそ、世界中の地域社会を少しずつ変えることができるのです。

ロータリーは、世界中の事業および専門職務のリーダーからなる世界規模の組織で、人道的奉仕活動を行い、職業における高い道徳基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くための助力をしています。およそ120万人のロータリアンが、166カ国に所在する31,000以上のロータリー・クラブに所属しています。ロータリーは非政治的、非宗教的な人道的組織で、1905年に創立されました。

ロータリー・ クラブの会員は、地域社会の事業や専門職務に従事する男女を代表しています。世界中のロータリー・クラブは毎週例会を開き、非政治的かつ非宗教的で、あらゆる文化、人種、信条に開かれています。

国際ロータリーのロータリー財団は、国際的な人道的奉仕プログラムや教育的・文化的交流を通じて、世界の理解を推進する非営利法人です。この財団はロータリアンおよびより良い世界のビジョンを分かち合うその他の人々からの自発的寄付によってのみ支えられています。1947年以来、財団は人道的および教育的補助金として米貨11億ドル以上を授与し、これらの補助金は各地の地元ロータリー・クラブや地区によって生かされ、管理されてきました。

ロータリークラブは何をするのか?

ロータリーの標語である「超我の奉仕」は、地域社会や職場、および世界中を通じてロータリーの目的を反映しています。ロータリーは、今日の緊急問題に取り組む社会奉仕プロジェクトを開発しています。また、青少年のためのプログラム、学生や教員、他の社会人のための教育機会や国際交流のプログラム、職業開発プログラムなども支援しています。ここにロータリーの中心的活動分野をいくつかご紹介しましょう。

ポリオ撲滅 1985年、ロータリーの会員はポリオのない世界を実現することを誓いました。ポリオ撲滅に対する20年にわたる取り組みは、現在までで最大規模の民間部門支援による世界的保健推進活動となっています。20億人近い世界中の子供たちに予防接種を与えるため、ロータリーは既に米貨5億ドルを寄付し、無数のボランティア活動を提供してきました。
今日、世界には数百人のポリオ患者しかおらず、年間35万人以上の子供がポリオによって身体麻痺に冒されていた1988年と比べ99.8パーセント減少しました。
国際教育 ロータリーは、国際奨学金の民間の資金源としては世界最大です。毎年千人近い大学生が、他国に留学するためにロータリーの奨学金を受領しています。また、各地のロータリー・クラブは高校生の交換プログラムも行っており、毎年8千人近い高校生が3カ月から1年の外国留学に派遣されています。
平和の推進 明日の平和維持活動家や外交官を育てる活動の一環として、ロータリーは最近、世界7つの有名大学に「平和および紛争解決の分野における国際研究のためのロータリー・センター」を創設しました。このプログラムは、毎年、世界競争制の下で選考される70名のロータリー世界平和奨学生に、紛争解決の分野における修士課程教育の機会を与えるものです。
識字率向上 ロータリー・クラブは、世界中で非識字に対する闘いに取り組んでいます。その一例として、タイのロータリー識字率向上プログラムがあります。このプログラムによって学校で退学者が激減し、その結果、タイ政府によってタイ国内のすべての学校でこのプログラムが採用されました。

ロータリーは世界をつなぐ

ロータリーの礎は「つながり」です。若い弁護士としてシカゴにやって来たポール・ハリスがロータリーを創設した最大の理由、それは見知らぬ街でほかの人たちと「つながる」ことでした。それから1世紀以上が経った今、私たちの周りには、ポール・ハリスの時代には想像もできなかったような友情とネットワークを築くための方法が数多く存在します。それでも、ロータリーにおける「つながり」は独特であり、ほかに類を見ません。

国際ロータリーには、地域社会とつながり、職業のネットワークを広げ、強くて末永い関係構築ができる確固とした使命と構造があります。会員による数多くのプロジェクトやプログラム、ポリオ撲滅活動におけるロータリーのリーダーシップ、国連との協力などを通じ、私たちはグローバルコミュニティとつながっています。私たちの奉仕活動は、同じ価値観を共有し、より良い世界のために行動したいと願う人びとの結びつきをもたらします。また、ロータリーがなければ出会うことがなかった人びと、共通の考えを持った人びと、私たちの支援を必要とする人びととつながり、世界中の地域社会で人生を変えるような活動を行うことを可能にしています。

21世紀の新たな10年の始まりに、私たちはロータリーの未来を形作っています。2019-20年度、ロータリーは新しい戦略計画を実行に移し、規定審議会が採択した革新性に応え、より活性化された重点分野において活動します。しかし、ロータリーの未来を形作る本当の場所はクラブです。刻々と変化する現実に対応するために、ロータリーはクラブに注力していかなければなりません。クラブはロータリーでの経験の中心部ですが、今ではクラブのあり方をより創造的かつ柔軟性をもって決めることができます。これには例会の方法や、何をもって例会とするかを検討することも含まれます。会員増強のアプローチにおいては、組織立った戦略的・革新的な方策が必要です。そうすることで、地域社会とのより広く、深いつながりができるだけでなく、より多様な会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促すことができるでしょう。

実際のところ、ロータリーは家族です。そうであるにも関わらず、会員組織の構造やリーダーシップの要求などがあることで、今日の若い職業人にとってはロータリーが手の届きにくい存在となっているようです。ロータリーは、家族との時間を犠牲にするのではなく、家族との時間を補うような経験を提供する場である必要があります。クラブが温かく、みんなを受け入れるような雰囲気があれば、家族と奉仕活動は両立でき、家族志向の若い職業人にロータリー奉仕や市民としての参加の機会を提供できます。また、ロータリーの役職に対する期待事項を、多忙な職業人にあわせて現実的かつ管理可能なものとすることで、将来ロータリーのリーダーとなる次世代のロータリアンのスキルを高め、ネットワークを築くことができるでしょう。

2019-20年度には、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。

 

2019-20年度 国際ロータリー会長

マーク・ダニエル・マローニ

 

 


国際ロータリー第2780地区 2019-20年度ガバナー
杉岡 芳樹

「一クラブ一 奉仕プロジェクトを」

ロータリーのビジョン声明は、「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。と公表されました。

 

私たちロータリアンは行動人です。世界を、地域社会をよりよく変えたいという願望があります。ロータリーの奉仕を通じて、有能な、思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。

地区内クラブはそれぞれがクラブとしての奉仕プロジェクトを現在も実施、あるいは実施の準備をしているはずです。しかし、あえて地区方針として、「一クラブ一奉仕プロジェクトを」を提案させていただきます。

新しいロータリー戦略計画では、世界各地でより良い地域社会づくりを行う定評のあるダイナミックな団体としてのロータリークラブが評価されている、としています。

今まで以上にクラブとして持続可能な地域社会プロジェクトをすることが奨励されています。新しいアイデアで、地域社会のより広い世代、支援を必要とする人たちを巻き込み、つながり合うことのできる新たな地域社会奉仕プロジェクトを企画、立案、実行または継続する奉仕プロジェクトの視点を変えて見直すことはどうでしょう。地域社会からより認知され、支持者、仲間を増やすことは、増強にもつながり、元気なクラブづくりにつながると信じます。

1. RI会長テーマおよび強調事項の推進
2. RIロータリー賞への積極的なチャレンジ
ロータリー賞は、クラブ活性化の明確な指標となっている。各クラブが
指定された項目をクラブの計画にあげ、受賞資格を得る活動がなされるよう奨励する。
3. 新しいRI戦略計画の推進
・より大きなインパクトをもたらす
・参加者の基盤を広げる
・参加者の積極的なかかわりを促す
・適応力を高める
4. 会員増強・会員維持・クラブ拡大
・女性会員や40歳未満の会員の入会、またローターアクターのロータリーク
ラブへの入会を促す。
・各クラブ2名以上の純増を
・既存会員の維持
・新クラブ(衛星クラブを含む)の拡大
5. 新世代育成の推進
・インターアクト、ローターアクトクラブへの支援および協力の強化。また、ロータリー賞受賞に向け、指定された項目をクラブで実行するよう奨励する。
・インターアクト、ローターアクトの新クラブ拡大
・若い職業人、若い世代のリーダーシップの養成(RYLAの実施)
6. 地区ビジョンおよびクラブビジョンの策定の推進
・戦略計画を基礎として、地区およびクラブの中期ビジョンを策定してください。クラブにおいては、戦略計画委員会または長期計画委員会等の委員会を立ち上げ、または活性化して、クラブの将来のあるべき姿を描き、その実現に向けての行動計画を立てていただきたい。
7. 奉仕活動推進のためのロータリー財団への年次寄付
・年次寄付 200ドル以上/1
・ポリオ寄付 40ドル以上/1
・恒久基金 1,000ドル以上/1クラブ
8. 米山奨学会寄付
・20,000円以上/1
9. 公共イメージ向上に向けて
・ロータリーの認識を高め、「世界を変える行動人」( PEOPLE OF ACTION )キャンペーンを促進する。

 

国際ロータリー第2780地区 2019-20年度ガバナー

杉岡 芳樹


相模原ニューシティロータリークラブ 会長挨拶

設立4期目を迎えるにあたり、3期の実績を踏まえ新年度に向けて基本方針を述べさせていただきます。

これまで3期の活動を振り返り、不足していると感じた点を今年度は充実させたいと考えています。 具体的には、会員のモチベーションアップ、クラブ長期計画の実行等を軸に活動して参ります。 これらを実現させるためには、活発な委員会活動が基本であり、親睦も単なる飲み会だけではなく、会員同士が互いの職業意識を伝えられるような親睦でなくてはなりません。 会員のモチベーションが高まれば、例会出席率の向上にも繋がり、会員自身の向上、更には会員の事業の向上にも繋がるのです。

今年度は相模原ニューシティのカラーを具現化できる1年になるよう誠心誠意努力致します。

 

国際ロータリー  第2780地区

相模原ニューシティロータリークラブ

会長 山口 章

スローガン

「モチベーションアップ!」

活動計画と目標

  1. 活発な委員会を開催する。
  2. 会員全員がメイクアップを経験する。
  3. 会員増強(純増5名)。
  4. 会員のモチベーションアップに繋がる例会を開催し、例会出席率80%を目指す。
  5. 地区の事業(地区大会等)に積極的に参加する。
  6. 地区大会の運営を積極的に支援する。
  7. 他クラブとの交流を企画・実施する。
  8. 会員が向上できる有意義な親睦を企画・実施する。
  9. RIロータリー賞への積極的なチャレンジ。
  10. ロータリー財団及び米山記念奨学会への寄付を推奨する。
  11. 新世代育成の推進。
  12. 公共イメージと認知度を向上する。
  13. クラブ長期計画の具現化。
  14. マイロータリー100%登録実現。
  15. 気持ち良く参加できるとともに、会員が向上できる例会を設営及び運営する。

クラブ概要

〒252-0239
神奈川県相模原市中央区相模原3−12−3
相模原商工会館内
TEL:042-753-2020
FAX:042-753-2642
sagamiharanewcity@gmail.com
RI認証 2017年1月25日
認証状伝達式 2017年5月14日
初例会日  2017年2月2日
チャーターメンバー 41名
スポンサークラブ 相模原ロータリークラブ
ガバナー 杉岡 芳樹
例会日 第一・第三木曜日 19:00〜20:00(祝日の場合は変動有)
例会場 相模原法人会館(
〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6-13-16

組織図

会長 山口 章
直前会長 山中 仁
会長エレクト 鈴木 高広
副会長 安西 登
幹事 高城 秀之
副幹事 小峰 望
会計 金井 浩一
クラブ管理運営委員会委員長 鈴木 高広
会場監督
(S.A.A)
岡田 耕次郎
会員増強維持委員会委員長 河内 一泰
公共イメージ委員会委員長 松田 桂吾
奉仕プロジェクト委員会委員長 佐藤 匠
ロータリー財団委員会委員長 池田 国広
米山奨学金委員会委員長 江崎 智彦
会員親睦委員会委員長 山本 武仁
戦略計画・研修委員会委員長 萩原 真澄
会計監査人 佐嘉田 英樹

委員会構成

会場監督
監督 岡田 耕次郎
副監督 澤村 太陽
八木 充史
クラブ管理運営委員会
委員長 鈴木 高広
副委員長 小峰 望
委員 尾崎 勲
井谷 成
黒澤 恒一
柴田 輝隆
会計
会計 金井 浩一
会員増強維持委員会
委員長 河内 一泰
副委員長 長谷川 明
委員 安田 純子
村野 健二
丸山 和加恵
公共イメージ委員会
委員長 松田 桂吾
副委員長 山本 大蔵
委員 林 大介
奉仕プロジェクト委員会
委員長 佐藤 匠
副委員長 小俣 明弘
委員 清水 良則
石井 光暢
ロータリー財団委員会
委員長 池田 国広
副委員長 加藤 礼美
委員 中山 和代
米山奨学委員会
委員長 江崎 智彦
副委員長 館脇 智幸
会員親睦委員会
委員長 山本 武仁
副委員長 館脇 智幸
委員 小俣 俊一
戦略計画・研修委員会
委員長 萩原 真澄
副委員長 桑島 克也
委員 佐嘉田 英樹
小野 弘
アドバイザー 大隈 秀仁
山中 仁