ロータリーについて

ロータリークラブとは?

職業も国も文化も異なる120万人が結びついたロータリーだからこそ、世界中の地域社会を少しずつ変えることができるのです。

ロータリーは、世界中の事業および専門職務のリーダーからなる世界規模の組織で、人道的奉仕活動を行い、職業における高い道徳基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くための助力をしています。およそ120万人のロータリアンが、166カ国に所在する31,000以上のロータリー・クラブに所属しています。ロータリーは非政治的、非宗教的な人道的組織で、1905年に創立されました。

ロータリー・ クラブの会員は、地域社会の事業や専門職務に従事する男女を代表しています。世界中のロータリー・クラブは毎週例会を開き、非政治的かつ非宗教的で、あらゆる文化、人種、信条に開かれています。

国際ロータリーのロータリー財団は、国際的な人道的奉仕プログラムや教育的・文化的交流を通じて、世界の理解を推進する非営利法人です。この財団はロータリアンおよびより良い世界のビジョンを分かち合うその他の人々からの自発的寄付によってのみ支えられています。1947年以来、財団は人道的および教育的補助金として米貨11億ドル以上を授与し、これらの補助金は各地の地元ロータリー・クラブや地区によって生かされ、管理されてきました。

ロータリークラブは何をするのか?

ロータリーの標語である「超我の奉仕」は、地域社会や職場、および世界中を通じてロータリーの目的を反映しています。ロータリーは、今日の緊急問題に取り組む社会奉仕プロジェクトを開発しています。また、青少年のためのプログラム、学生や教員、他の社会人のための教育機会や国際交流のプログラム、職業開発プログラムなども支援しています。ここにロータリーの中心的活動分野をいくつかご紹介しましょう。

ポリオ撲滅 1985年、ロータリーの会員はポリオのない世界を実現することを誓いました。ポリオ撲滅に対する20年にわたる取り組みは、現在までで最大規模の民間部門支援による世界的保健推進活動となっています。20億人近い世界中の子供たちに予防接種を与えるため、ロータリーは既に米貨5億ドルを寄付し、無数のボランティア活動を提供してきました。
今日、世界には数百人のポリオ患者しかおらず、年間35万人以上の子供がポリオによって身体麻痺に冒されていた1988年と比べ99.8パーセント減少しました。
国際教育 ロータリーは、国際奨学金の民間の資金源としては世界最大です。毎年千人近い大学生が、他国に留学するためにロータリーの奨学金を受領しています。また、各地のロータリー・クラブは高校生の交換プログラムも行っており、毎年8千人近い高校生が3カ月から1年の外国留学に派遣されています。
平和の推進 明日の平和維持活動家や外交官を育てる活動の一環として、ロータリーは最近、世界7つの有名大学に「平和および紛争解決の分野における国際研究のためのロータリー・センター」を創設しました。このプログラムは、毎年、世界競争制の下で選考される70名のロータリー世界平和奨学生に、紛争解決の分野における修士課程教育の機会を与えるものです。
識字率向上 ロータリー・クラブは、世界中で非識字に対する闘いに取り組んでいます。その一例として、タイのロータリー識字率向上プログラムがあります。このプログラムによって学校で退学者が激減し、その結果、タイ政府によってタイ国内のすべての学校でこのプログラムが採用されました。

ロータリーは機会の扉を開く

2020-21年度
国際ロータリー 会長

ホルガー・クナーク
(ドイツ Herzogtum Lauenburg-Mölln ロータリークラブ)

1992年にロータリー入会。
ロータリーの財務長、理事、モデレーター、各種委員会の委員や委員長、規定審議会代表議員、ゾーンコーディネーター、研修リーダー地区ガバナー、2019年ハンブルグ国際大会ホスト組織委員会の共同委員長を歴任。

現在は恒久基金/大口寄付アドバイザーを務める。
不動産業を営む「Knaack KG」のCEO。125年続く家族事業の「Knaack Enterprises」の元パートナー兼ゼネラルマネジャー。

地域社会では、ラッツェブルク市市民財団の創設メンバーであり、Gut Grambekゴルフクラブの会長を務めた経験をもつ。カール・アダム財団の会長で創設者。
スザンヌ夫人とともにメジャードナー、遺贈友の会会員としてロータリー財団を支援

クナークRI会長が2020-21年度会長テーマを発表

国際ロータリー会長エレクトであるホルガー・クナーク氏(ドイツ、ヘルツォークトゥム・ラウエンブルク・メルン・ロータリークラブ所属)が、1月20日、サンディエゴ(米国カリフォルニア州)で開催中の国際協議会で講演し、人生や地域社会を豊かにするためにロータリーが与える機会をとらえるよう呼びかけました。

クナーク会長エレクトは、次期地区ガバナーに向けて2020-21年度会長テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」を発表。
ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、「無限の機会への招待」であるとクナーク氏は述べました。

※クナークRI会長エレクトはペーパーレスを目指して、テーマパンフレットにされず、WebsiteやFacebook等で発信されています。

このサイトで実際のお話を聞いてください。
https://www.rotary.org/ja/holger-knaack-sees-opportunities-rotary-change-thrive

 

2020-21年度 国際ロータリー 会長

ホルガー・クナーク

 

 


2020-21年度 ガバナー

2020-21年度
国際ロータリー 第2780地区 ガバナー

久保田 英男
(鎌倉RC)

地区方針「TOGETHER~+もっと自由に」

『楽しむための一番の方法は、この協議会や国際大会のような大勢の会議であれ、奉仕プロジェクトや例会であれ、皆が集まること(together)です。
集まれば、より活動的になることができます。ロータリーのビジョン声明の最初の一語がこの言葉(together)であることも、驚くことではありません。』
ホルガ―・クナーク 2020-21年度RI会長は、国際協議会でこのように語りました。

仲間が集い(together)、おなじ目標に向けて協力し進むことで、一人では成し遂げられないことを可能にします。
ロータリークラブは、一人一人に異なる生業を持つ者が集い、地域・国際社会に奉仕し、若い世代を育て、仲間の親睦深め、日々様々なシーンで活躍しているのです。
小さな灯が集まり輝く大きな光になるように、今や世界を照らしています。

一方で、その輪をもう少し広げることも大切だと考えています。
せっかく100年以上もの間、積み重ねてきたものをもっと多くの人に知ってもらい、そして参加してもらいたい、と思いませんか。
何故なら、もっと多くの人が集まれば、多くのアイデアが集まり、より大きなこと不可能と思っていたことが実現出来るかもしれません。
何より多くの人に機会を提供できれば嬉しく思いませんか?

その為に何をしますか。

クラブの会員を増やすのもいいでしょう。
例会時間や曜日が合わなくて入会を迷っている若者の為に、衛星クラブや新クラブを作ることも、ローターアクトクラブを提唱するのも、いいかもしれません。
ロータリー地域社会共同隊(RCC)も有効な方法ではないでしょうか。
ほかにもまだまだ方法はあります。あらゆることを自由に考えてみましょう。

1905年シカゴで4人が集まる(together)ことから始まりました。
今年は日本にロータリークラブが誕生して百年目です。次の百年へ向けた新しい時代の扉を一緒に開けてみませんか。

【ロータリービジョンの声明】
『私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。』
「Together, we see a world where people unite and take action to create lasting change — across the globe, in our communities, and in ourselves.」

 

2020-21年度 国際ロータリー 第2780地区 ガバナー

久保田 英男

 


2020-21年度 相模原ニューシティロータリークラブ 会長

2020-21年度
国際ロータリー 第2780地区
相模原ニューシティロータリークラブ 会長

鈴木 高広

「会長基本方針」
1920年10月に東京ロータリーが誕生し、今期で100周年を迎えます。

周知の通りに、ロータリーは全国に広まり、現在国内では、2,000を超えるクラブが存在します。このように全国や全世界で広まる続けるロータリークラブには、5年目を迎える当クラブのメンバーには計り知れない魅力や意義(価値)があるはずです。

価値観は一人一人違います。自分が求める価値を待っているのではなく、自分でその素晴らしさ(価値)を探すことをしなければ、価値との出会いはありません。そのためには、まず参加することから始めましょう。

人との出会い、機会との出会いなど多くの出会いから自分の求める価値に出会うはずです。
また、当クラブは、5年目という若いクラブではありますが、長期計画を策定し、クラブの方向性が定まりつつあります。

本業をしながらの奉仕活動には限界がありますが、効率を考え、クラブの人財のネットワークを活用(出会いの創造)し、創意工夫をしながら地域を住みよい町にしていきましょう。

「スローガン」
参加しよう。動かなければ何も変わらない!

「活動計画と目標」
1. 例会に参加しやすい環境作りと会員の意識の改革をする。
2. 参加できない場合は、メイクアップ(ウエブメイク含む)を促す。
3. 会員増強(純増3名)
4. 会員が参加したいと思える例会を開催し、例会出席率80%を目指す。
5. 地区の事業(地区大会等)に積極的に参加する。
6. 会員が参加したいと思える親睦会を企画・実施する
7. RIロータリー賞への積極的なチャレンジ
8. ロータリー財団及び米山記念奨学会への寄付を推奨する。
9. 公共イメージと認知度を向上する。
10. クラブ長期計画の具現化を目指す活動を行い、並行して検証も行う
11. 新会員のサポート体制を充実させる
12. 出向者報告を企画・実施する
13. マイロータリー100%登録を実現する。
14. 新世代育成の推進

 

2020-21年度 国際ロータリー 第2780地区

相模原ニューシティロータリークラブ 会長

鈴木 高広

 

クラブ概要

〒252-0239
神奈川県相模原市中央区中央3−12−3
相模原商工会館内
TEL:042-704-9601
FAX:042-704-9670
sagamiharanewcity@gmail.com
RI認証 2017年1月25日
認証状伝達式 2017年5月14日
初例会日  2017年2月2日
チャーターメンバー 41名
スポンサークラブ 相模原ロータリークラブ
ガバナー 久保田 英男
例会日 第一・第三木曜日 19:00〜20:00(祝日の場合は変動有)
例会場 相模原法人会館(
〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6-13-16

組織図

会長 鈴木 高広
直前会長 山口 章
会長エレクト 安西 登
副会長 高城 秀之
幹事 小峰 望
副幹事 岡田 耕次郎
会計 石口 美子
クラブ管理運営委員会委員長 安西 登
会場監督
(S.A.A)
山本 大蔵
会員増強維持委員会委員長 河内 一泰
奉仕プロジェクト委員会委員長 山本 武仁
公共イメージ委員会委員長 佐藤 匠
ロータリー財団委員会委員長 佐嘉田 英樹
米山奨学金委員会委員長 澤村 太陽
戦略計画・研修委員会委員長 萩原 真澄
会員親睦委員会委員長 池田 国広
理事会アドバイザー兼新会員サポーター 大隈 秀仁
理事会アドバイザー 山中 仁
会計監査人 金井 浩一

委員会構成

会場監督(S.A.A)
監督 山本 大蔵
副監督 桑島 克也
清水 良則
クラブ管理運営委員会
委員長 安西 登
副委員長 岡田 耕次郎
委員 尾崎 勲
小野 弘
長谷川 明
会員増強維持委員会
委員長 河内 一泰
副委員長 山田 博
委員 菊永 雅
奉仕プロジェクト委員会
委員長 山本 武仁
副委員長 江﨑 智彦
委員 柴田 輝隆
中山 和代
丸山 和加恵
公共イメージ委員会
委員長 佐藤 匠
副委員長 黒澤 恒一
委員 古谷 淳史
ロータリー財団委員会
委員長 佐嘉田 英樹
副委員長 小俣 俊一
委員 石井 光暢
委員 村野 健二
会員親睦委員会
委員長 池田 国広
副委員長 林 大介
委員 井谷 成
委員 安田 純子
米山奨学委員会
委員長 澤村 太陽
副委員長 加藤 礼美
委員 小俣 明弘
戦略計画・研修委員会
委員長 萩原 真澄
副委員長 松田 桂吾
委員 金井 浩一
若井 靖司
アドバイザー 大隈 秀仁
山中 仁
山口 章